PLUG IN ロゴ

SYMPOSION

ブランドメイン写真

会社名(屋号) SYMPOSION
出展ブランド名 SYMPOSION
読み方(カタカナ) シュンポシオン
Website https://symposion.stores.jp/
Instagram https://www.instagram.com/symposionhayama/

SYMPOSIONは素材にこだわったバッグブランドなのですね!

はい、企業内デザイナーとして勤めていた際ずっと心に引っかかっていた素材廃棄の現状。自身のブランドを立ち上げようと思った時、コンセプトを決めるのに迷いはありませんでした。
 
ばらばらのパーツを丁寧に組み合わせ、新たな命を吹き込み、廃棄のループから離脱させる、工場や問屋の倉庫の奥に眠っている廃棄寸前の素材の中から「これは!」と思える生地や革を集め、国内の職人さんにバッグやポーチとして仕立てていただいています。
 
工場や問屋に一つひとつ頼み込んで買い付けているので、どれも通常ルートではなかなか流通しないお宝級の素材です。職人さんには「何本つくるか」ではなく、「何本つくれるか」を最小ロットとして依頼し、国内生産にて縫製をしていただいています。
 
また、環境やフェアトレードの面から新作は、オーガニックコットンを使用したキャンバストートのシリーズを立ち上げます。
 
こちらのシリーズは京都で100年の伝統を誇る黒紋付を染めているメーカー様との提携により、生成色のバッグとして楽しんだ後は、黒く染め直しが出来るようオプションを付けます。
 
道具としてのバッグの廃棄のタイミングを少しでも遅らせることが出来るように考えた、エシカルな試みです。

ブランド写真1

なるほど。商品の特徴について教えてください!

私が提供しているものは、バッグや革小物といった「モノ」ですが、ただのモノではなく心を動かす「ツール」であってほしい、その日そのバッグを持つとき、ちょっと嬉しい気持ちになってほしい、と思っています。
 
ただ廃棄予定の素材を使っている、ではなく商品自体にオーラが光るようなデザインを心がけています。

ブランド写真2

では、来場者にメッセージをお願いします!

SDGsの声が聞こえてきた昨今、いかに企業が正面からこのテーマに取り組んでいくかが課題となっているといっても過言ではありません。ですが、ロットの問題などでどうしても片手間になってしまうのも現状です。
 
「SYMPOSION」(シュンポシオン)ではエシカル、サステナブルに基づいたミニマムな動きで、柔軟に対応致します。ナチュラル志向のコンセプトのセレクトショップ様から、トレンド重視のショップ様。またリクエストに準じたOEM商品などにも対応致します。
 
ただのブームでSDGsを終わらせない、真のサステナブルを目指してゆくというブランドコンセプトに共感していただける企業様との出逢いを楽しみにしております。どうぞよろしくお願い致します。

ブランド写真3

ありがとうございます!ブースはF-03です。