PLUG IN ロゴ

Ryunosuke TOKYO

リュウノスケ トウキョウ

メイン写真

ブランド情報

ブランド名 Ryunosuke TOKYO
Website https://ryunosuke-tokyo.jp
Instagram m.ryu0807 ryunosuke_tokyo
価格帯 ジャケット(¥300,000円〜¥500,000円)パンツ(¥100,000〜¥300,000円)シャツ(¥70,000円〜¥100,000円)
繊研新聞関連記事

ルーズエレガントラグジュアリー ジャパンクオリティーを掲げて、何でもない日でも着るエレガントをご提案してます。
サービス お客様からご注文、入金後に1着、1着丁寧に作る、受注生産。
ECサイトではサイトの中で受注生産で購入出来るのとは、別に予約制の実際にお客様とお会いし寸法をし、サイズの見極めやジャケットの袖丈などは寸歩に合わせてお作りするサービスを致します。 サスティナブルであり、お客様には特別な1着になります。 BtoBの場合は、注文分をお作りし、納品致します。

ルック

look1

江戸小紋・クローバーギフトシャツ

素材:表地/絹(江戸小紋)100%裏地/キュプラ100%
カラー/EMERAID
サイズ/0・1・2・3・4
お値段/¥500,000+TAX

上質なシルクの生地を100年以上前の三重の伝統工芸 ,伊勢型紙の柄をクローバーの幸福なイメージ・ギフトの幸福なイメージをRyunosuke TOKYOオリジナルの色で表現し、伝統工芸士さんの手染で染め上げた、東京の伝統工芸・江戸小紋の特別な生地を使いました。伝統工芸を2 つも使った究極の生地です。縫製はシルク針しか使えない繊細な生地です。裏地は肌ざわりの良いベンベルグの上質なキュプラを使ってます。衿はクローバーをイメージしてラウンドカラーでかなり優しい衿になってます。芯地もフラシ芯を使い江戸小紋の風合いを残し柔らかく、美しく重厚な衿に仕上げました。前身頃のクロスになってるのは、4つ葉のクローバーを見つけた時の幸福感とギフトを貰う時の幸福感が似ていると思い,ギフトのリボンをイメージしました。更に、ギフトする=絆を強くする。そして江戸小紋との絆を感じました。今回の柄は工房の先代が東京大空襲から命を賭けて守り今回使わして頂いてるので感謝と絆のメッセージをリボンとして表現しました。前立てはラウンドさせこちらもフラシ芯にして優しさと重厚な仕上げました。カフスはエレガントなターンナップカフスのフラシ芯仕様でかなりラグジュアリーなカフスに仕上げてます。ボタンは某ラグジュアリーブランドと同じボタン会社を使い、天然の黒蝶貝のRyunosuke TOKYOロゴ入りの猫目ボタンを使いました。黒蝶貝には、邪気や災いから身を守ると言われてます。このシャツを着た人には幸福になって欲しいとメッセージも込めて仕上げました。

look1

西陣織太陽キュビズムフルキャンバスジャケット

素材;表地/絹(西陣織・緯錦)100%裏地/キュプラ100%
カラー/BLACK
サイズ/0・1・2・3・4
お値段/¥480,000+TAX
太陽と光を形にイメージをしてそれを色々な角度から観た太陽と光(キュビズムを使い)をRyunosuke TOKYOのオリジナルで柄にしました。
人生も違う角度から観る大切さを柄に込めて。その柄を京都の伝統工芸、西陣織、緯錦で上品でダイナミックな生地に織り上げました。
裏地は、日本の物作りに敬意を込めてキュプラの桜小紋を使いました。トリプルジャケットにして、ラペルの形えを王冠ラペルにし更に本金糸で刺繍をしました。人は、誰でも王様、自分で全て決めれる時代だが全て自分の責任。とメッセージを込めて、作りは、加工毛芯をフルキャンバス仕立て、ラペルハ刺し、仕上げにして、サイドベンツ、袖、本空き、本切羽の額縁仕上げ。更にスレキで千鳥止めにして立体感のあるジャケットに仕上げました。ボタンも西陣織のクルミボタンを使っています。

look1

西陣織・緯錦バス地フルキャンバスジャケット

素材;表地/絹(西陣織・緯錦)100%
裏地/キュプラ100%
カラー/LIGHT BIUE
サイズ/0・1・2・3・4
お値段/¥352,000+TAX
クローバーの優しさや、幸せな気持ちを全面的にイメージしたRyunosuke TOKYOオリジナルの柄を京都の伝統工芸、西陣織で織り上げた上質な生地を使いました。西陣織の上品な華やかな生地で,一気にクローバーが日本の粋をもった柄に変わった特別な生地になりました。更に肌触りはとても良く,観て綺麗,着て楽しい唯一無二な贅沢な生地です。裏地は肌ざわりの良いベンベルグの上質なキュプラを使ってます。前見頃は着物をイメージしながらもクローバーの持つ強さをカッティングで表現して馬の毛を使った毛芯をフルキャンバス仕立てに仕上げ構築的な重厚なジャケットになっております。ショルダーをパコダショルダーにして更に強さを表現しながらエレガントな仕上がりになってます。後ろ見頃は、サイドベンツしてパンツのポケットに手を入れた時の,後ろ姿がとても綺麗になります。袖は本切羽の額縁仕上げで仕上げました。ボタンは西陣織のクルミボタンを使い、ボタンだけでも芸術品レベルの贅沢なボタンを使い、生地とも統一感のあるボタンです。ジャケットの面を4面にして身体のラインを美しくみせる仕上げになってます。

お問い合わせはこちら