PLUG IN ロゴ

Rangorie

ブランドメイン写真

会社名(屋号) 株式会社リコー
出展ブランド名 Rangorie
読み方(カタカナ) ランゴリー
Website https://rangorie.ricoh/
Instagram https://www.instagram.com/rangoriejapan//

ランゴリーのブランドコンセプトや特徴を教えていただけないでしょうか?

ランゴリーは「一人ひとりが可能性を最大限に発揮する社会をつくる」というビジョンを掲げています。
具体的にはインドの農村部で暮らす縫製技術者の女性たちと一緒にものづくりをすることで、
職業機会の創出と女性の地位向上を目指しているブランドです。
 
ランゴリーは(1)エシカル、(2)インディアネス、(3)コンフォタブルという3つのこだわりをもっています。
エシカルはブランドのビジョンに掲げているとおり、インド農村部の女性たちとのものづくりを通じて女性の地位向上につなげていきます。インディアネスに関しては、インドの伝統柄を活かしながらも現代の日本で生活する我々の暮らしに合った商品づくりをしています。最後にコンフォタブルは、英語で「快適さ」という意味なのですが、毎日の暮らしの中で本当に気持ちが良い、と感じてもらえるよう素材選びから型紙の作成まですべての工程で着心地の良さにこだわっています。

ブランド写真1

ランゴリーはRICOHの社内企業制度を利用して立ち上げられたのですね。

リコーの社員であった江副が仕事で2010年にインド農村部を訪れたのがはじまりでした。
当時のインドの農村部では、男性は外で仕事、女性は家で家族の世話や家事をするという役割分担が非常にはっきりとしており、そのため化粧品や下着といった女性用品も男性が販売しているという状況でした。
その状況に衝撃を受けた江副は、インドの農村部で女性による女性用品の販売を行うウーマンショップの事業アイデアを生み出し、更に次のステップとして下着の製造販売も行いたいと考えていました。
 
しかし江副は家庭の事情で下着の事業アイデアは温めたままいったんリコーの職を離れました。
そして、2019年にリコーの新規事業プログラム「TRIBUS(トライバス)」が新たに立ち上がり、新規事業アイデアの構想として、女性向けの下着事業案を練っていた綿石と再会することでインドで下着を作って販売するという事業アイデアを実現するチャンスが再び巡ってきました。
 
TRIBUSの枠組みを活用し、現地調査・テスト販売を行い、事業化への道筋をつけていたのですが、2020年に新型コロナウイルスの感染拡大によりインドへの渡航が難しい状況となってしまいました。一方、インドでの活動を知った日本のお客様から、「日本でも発売してほしい」とのお声をいただき、クラウドファンディングを経てECサイトの立ち上げに至りました。
まだまだコロナの状況に影響されるところはありますが、インド農村部での生産体制構築活動も再開し、ビジョンの実現に向かって着実に進んでいます。
 
〈参考動画〉
 

 
〈参考記事〉
 
リコーが社内起業で下着ブランド インド女性の雇用、買い物体験に貢献
 
貧困層の課題改善探る
 
オフィス複合機などのリコーが新たにアパレル事業を始め、インド柄の下着ブランド「ランゴリー」の販売をクラウドファンディング(CF)「キャンプファイヤー」で開始した。新規事業の創出を目指す社内制度を活用して2人の女性が立ち上げたもの。ゆくゆくはインド生産で現地女性の雇用に貢献し、おしゃれな下着の買い物体験も提供していく。(中村恵生)
 
ランゴリーの下着は、ブラ(6600円から)やショーツ(3400円)で、インドのサリー柄を部分的に使った。ブラはヨガにも着られるストレッチの利いたブラトップと、おうち時間を意識したくつろぎ用のノンワイヤの2タイプ。テスト販売と位置付けたCFだったが、開始10時間で50万円を突破し、2週間強で130万円を超すなど手応えをつかんでいる。
 
電子機器などが本業のリコーが女性下着を始めたきっかけは、綿石早希さんと江副亮子さんが社内起業制度を活用して立ち上げたプロジェクト。CFはインナー企画のXY(東京)の協力を得て日本で生産し、日本向けに販売中だが、もともとの狙いはインド向け。現地女性のための現地生産を目指した。
 
アイデアのもとになった一つは、貧困層の課題改善ビジネスを探る社内プロジェクトで、江副さんが10年にインド・ビハール州の農村に滞在したことだ。そこでは女性たちの地位が低く、好みの下着も選べない環境を目の当たりにしたという。
 
一方の綿石さんは画像認識関連のエンジニアで、3Dスキャンによる採寸など女性下着への技術活用に関心を持っていた。家庭の都合でリコーを退職していた江副さんと19年に再会し、インド滞在時の話を聞くうちに2人で思いを深め、新規ビジネスに挑戦することになった。
 
2人が活用した同社のチャレンジプログラム「トライバス」は、採択されれば業務時間の最大20%を社内副業に充てられ、一定期間後に本採択となると所属部署を離れて専業となる制度。ランゴリーは104件の中から19年10月に本採択となった13件の一つに入り、昨年4月には事業化の是非を決める最終プレゼン5件に残った。
 
副業期間中の19年8月には実際にインドに渡り、都市部や農村部を訪問。買い物に同行したり、アンケートを取ったりとリサーチした。インド女性は素材へのこだわりが強く、暑い気候のため速乾生地が求められ、締め付けないノンワイヤが好まれるなどの傾向がわかった。これをもとに企画した商品を昨年1月末からインドのアマゾン経由で販売した。女性起業家コミュニティーを通じて紹介された展示販売会やSCの期間限定店で対面販売し、見せブラのニーズがあることもわかった。
 
今はコロナ禍で渡航が制限され、インドでの本格販売に向けては足踏み状態だが、生産面は現地移管を準備している。日本での生産・販売がスタートした現在をステップ1と位置付け、1年後をめどにステップ2で現地の量産工場での生産を開始して日印市場へ販売、さらに1年半後のステップ3で現地女性向けの職業トレーニングやミシン購入で雇用創出につなげる。
(2021年03月25日付繊研新聞)
 

ブランド写真2

来場者にメッセージをお願いします!

大人の女性の着る上品なエスニックテイストのアイテムをデザインしています。現在は日本の工場で生産していますが、インド農村部での生産体制を整え、生産を徐々に移行していく予定です。
我々のビジョンに共感し、一緒に成長/成長を見守ってくださる取引先様との出会いを楽しみにしています!
またポップアップなど展開させていただける取引先様などいらっしゃいましたらぜひお声がけくださいませ。

ブランド写真3

ありがとうございます!ブースはH-06です。